天地真理栄光の軌跡
太陽の恋人~天地真理
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天地真理最後のシングル -私が雪だった日-
2010-01-27-Wed  CATEGORY: 未分類
私が雪だった日(1983.02.01)


ふたたび活動が停止し、ブランクをおいた後、82年に再々デビュ-を果たした彼女は、歌番組よりもレビュ-などのステ-ジや、グラビア、バラエテイ-番組を中心に、全盛期のイメ-ジとは180度違った大人の仕事に取り組むことになる。

このシングルもそんな状況を反映して、かつての白雪姫とよばれた自分自身を回顧する内容となっている。歌詞をよく見てみると当時の真理ちゃんの思いが表されている そして、今のところこれが天地真理最後のシングルなった。残念ながら、YouTubeにこの曲はupされていないので紹介が出来ないが歌詞は、次の通りとなっている。

私が雪だった日画像


1、 私が雪だった日 きっときれいだった
  誰かをはしゃがせて 誰かを凍らせた
  私が雪だった日 とてもさみしかった
  世界のひろがりを 埋められなかったから

  あたたかい雪に もう一度なるわ
  あなたの心に もう一度降るわ
  めざめる前に 溶けて沁みて
  疲れきったいのちを うるおすために

2、 私が雪だった日 軽く風に舞えた
  私の輝きも 空まで届いたから
  私が雪だった日 とても哀しかった
  やさしい雨になる 夢が幻だったから

  あたたかい雪に もう一度なるわ
  あなたの心に もう一度降るわ
  こごえた都会の その片すみ
  春を待ついのちを 育てるため

  雪どけ頃に 思い出して
  ふくらんだつぼみに 私がいる
  ふくらんだつぼみに 私がいる


この詩の中に彼女の当時の心境が表されていると思う。そして「あたたかい雪に もう一度なるわ あなたの心に もう一度降るわ、のフレ-ズが天地真理復活の予感を思わせる意味でわたしは期待したいと思う。まだまだ、彼女は現役のシンガ-であることを忘れてはならない。いつの日か我々ファンの前に姿を現すことを信じて・・・

ご報告

デビュ-曲「水色の恋」から「私が雪だった日」までブランクも含めて、12年間の真理ちゃんのシングル曲を駆け足で紹介させていただいた。実は私事で恐縮だが2月より仕事で長期出張が入っていて、、何とか1月末までにシングル全部を紹介したかったのです。何とか間に合いました。

その為ひとまず休止することにしました。帰って来た時には、また始めたいと思います。このブログをご覧いただいた皆様には天地真理がいかに偉大なシンガ-であったかを少しでもわかって頂ければ幸いです。


                                    
                               






スポンサーサイト
トラックバック1 コメント12


Copyright © 2017 太陽の恋人~天地真理. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。